suguneru

今日も今日とて全然大丈夫

ざっと50万です(ヒーー!)

1ヶ月半ぶりにクリニックへ。

夕方で仕事を切り上げ、ダッシュで電車へ飛び乗る。クリニックへ着き、診察とお会計を終え、向かいの薬局で処方箋を受け取って時計をみると7時。ふーー。

あー、そうそうこの感じ。と懐かしささえ覚えた。1ヶ月半行ってない間に、わたしの頭の中はすっかりお花畑になっていたようだ。

ぼんやりと、今日言われたことを反芻しながら、てくてく帰る。これがいつものルーティンだった。イヤホンで音楽を聴く気にもならず、旦那にメールする気にもならず、ゆっくり一駅歩く。

久しぶりにそんな帰り道を歩いていたら、夢から現実に引き戻されたような感覚になった。

 

チーム凸凹

「もし次、体外するとなると、いくら位かかりますか?」

「うーん、そうですね。ざっと50万です」

 

ざっと50万。
ざっと50万。

ざっと50万。

 

何気なくリスタートするか、くらいの気持ちで行ったが、今日の診察で「人工授精をもう一回するか、ステップアップして体外に進むか」という決断を迫られることになった。不妊待った無しである。

人工授精をするとすれば今週金曜日。

それか、今周期を諦めて一日でも早く体外に向かう治療を始めるか。

この二択。

 

そういえば旦那の出張がちょど今週後半だったよなー、金曜の人工授精は無理かも?と思いつつ、50万もこだましつつ、その場で答えが出せないでウーンウーン唸っていると「ご主人と相談してみてください」と終わりの言葉をもらってクリニックを後にした。

 

一番いいパターンは、今周期の人工授精で妊娠することだ。三度目の正直で、今回こそは?!と思わないでもないが、なぜか全然出来る気がしない。なんでだろう。こんな後ろ向きな人工授精って何だよ、と自分でも思って旦那にそのまま話した。

「なんで!?それはだめだよ!俺らが出来るって信じないと」

「そっか。そうだよね」

「そうだよ!嘘でも笑ってたら、ちょっと元気になったりするじゃん。身体ってそういうとこあるじゃん。俺、気持ちは大事だと思うよ」

「うーん、そうだね。....やってみるか、3回目」

「うん、やってみようよ。出来るかもしんないじゃん」

 

夫婦って、ほんと凸凹だ。うまくできてる。悪くないチームだなと思った。

金曜日の出張も調整してくれるらしい。休んだ分がんばってみるかーー(ちょっと復活)

 

前言撤回 

とはいえ、正直、50万を先延ばしにしてる感も否めない。

夕飯の秋刀魚を食べてると、唐突に「でもさー、50万ってほんと高いよなー」と旦那。やっぱり同じことを考えてたんだ。

体外受精のブログを読めば読むほど、高いし怖い。もう一生先延ばしにしたい。せめて50万払ったら確実に着床まではいけます、とか保証してほしい。無理だけど。

助成金も対象外だしなー。くそー。

と思いつつ、念のためもう一回東京都のHPをみたりしてみる。すると、年収が950万以上でも貰えます、というすごーくわかりやすい関連記事がみつかって、あれ?うちもいける??と思ったりして。


そこから、二人でごそごそ源泉徴収探して計算してみたりして。でもやっぱりダメっぽくて、これ前にもやったよな。夫婦で。と思い出した。

なーーんーかーーーいめーーー!!!

 

ゆるめの金銭感覚は夫婦一緒で、

そういう所こそ凸凹であれ!と思う。

 

f:id:suratanmen:20180926122538j:plain

#不妊治療 #明るいよ #テレビっ子