LIFE LOG

頑張りつづけることはむずかしい

お祝い全部撤廃でどうでしょう?

f:id:suratanmen:20190425122053j:plain


春日が婚約した。めでたい。

めでたいのか。

 

結婚=幸せとは思ってないが、やっぱり祝福の気持ちで「よかったね」などと言ってしまうよね。

 

 

友人夫婦に子供が生まれた。めでたい。

めでたいのか。

 

子供=幸せとは思ってないが、やっぱり「おめでとう、よかったね」と声をかけてしてしまう。

 

後輩に彼女ができた。おめでとう。

おめでとう、か?

 

 

これは、もうどうしたらいいんだろう。

 

そっちを祝うことが、それ以外の選択をNOT祝にしまうなら

もうぜーんぶお祝いとか辞めたらいいのにね。

 

超未婚社会に突入してるのに、

多様性を声高に叫んでるのに、

社会のベースがぜんぜんフィットしてなくて息苦しい。

 

でも、これを突き詰めていくと、

ひとを尊重すること=ひとと距離を置くこと

になっていく社会は怖くも感じるけど、

 

主観的な正しさを振り回されるより、

自分だったら距離を置いて欲しいと思うことも多々あるから、

それでいいのかもしれない。

うん。

 

答えはでない。 

 

祈る

夫含む義家族はちがう宗教に入っていて、

事あるごとに「祈っとくね」と言う。

 

不妊治療のことも深くは聞いて来ずに

「うまくいくように祈っとくね」と言う。

 

実際に毎朝毎晩祈ってくれてるのだと思う。

 

わたし自身は祈ることを真剣にしたことがないけれど、

 

祈るって、尊い

と最近思う。